雑記

2015年07月03日

僕の会社の課の中では、比較的楽な方な(それでも全然苦労しないわけではない)部門に僕は所属している。
そのため僕の課に未経験者が配属される場合…
僕の部門に配属される。
その場合、僕が教育係的立場になるのだが…
正直面倒で仕方がない。
なぜかというと…
・説明をする必要があるけど、仕事をこなしながらやる必要がある。
・普通の仕事中に未経験者を入れるため、変な動きをしないか監視をする必要がある。
・未経験者のほとんどは僕より年上で、完全に上の立場から物を言えない。
・作業になるけど自分とやり方が違うときがあり、その対応に困る。
・忙しいときでも、未経験者に悪影響を与えないよう気を使う必要がある。
・質問をしてくれるのは嬉しいけど、それ聞くの?ってことを聞かれる。
こんな感じ。
説明に関しては、かの山本五十六の
やって見せて、言って聞かせて、やらせて見て、ほめてやらねば、人は動かず。
ができればいいな最善だとと思うけど、そこまでの時間があることがあんまりない。
なので、混乱させる情報を与えずやるべきことを説明するように頑張っているけど難しい!
せめて褒めれる点を見つけそこは素直に褒めるようにしているけど…
監視については、こなす仕事の量が減ってもいざってとき注意をするよう構える必要があるのが辛い。
1人での作業なら自分の仕事に専心できるので…
完全に上の立場から物を言えないに関しては、これをやれ!、これはやるな!と強く言う必要がある場面でもこれをお願いします、これはよくないですみたいに修正する必要があってもどかしい。大体の人は空気を読んでくれるけど駄々をこねる人だと非常に厄介。
作業になるけど自分とやり方が違うときがあることに関しては、そのやり方を無碍にするわけにいかずそっちのやりかたを認めたり自分側までそのやり方をとらなくてはならなくなる時があり困る。
未経験者に悪影響を与えないよう気を使うことに関しては、忙しくてもいイライラしているとこをや休み時間返上しているとこを見せたくないので変なところで追い込まれる気分。
質問をしてくれるのは嬉しいけど、それ聞くの?ってことを聞かれることについては、視点は人それぞれだし初めてだと1からのスタートだから仕方ないけど、僕にとっては常識レベルだったり説明に困ることを聞かれるので戸惑う。もちろん、わからないことを聞かずにわからないまま暴走されるよりははるかにマシだけど…
そんなこと考えなくても、威圧してプレッシャーをかければいいのかもしれないけど…
僕はそんな立場でも、そんな年でも、そんな性格でもない。
役職のある上官でなくてせいぜい先輩レベルだし…
なにより上の物は下の物に意のままに動いてもらうのではなく、下の物を的確に導いてコントロールしてこそで、
あれこれ言わなくてもいろいろ下の物がやってくれる場合、それは下の物が凄いだけだと思う。
でも、僕は先読み先読み出指示を出していくのは得意ではないのでとりあえずやらせて駄目ならアドバイスするか悪態をつきつつ手直しをするという感じで仕事を進行することが多い。
正直一流には程遠い。

仕事上で下の物を的確に導いてコントロールする技量を身につけてこそ、ナンパで女の子をコントロールできる技量が身につくようになるのか、
ナンパで女の子をコントロールできる技量を身につけてこそ、仕事上で下の物を的確に導いてコントロールする技量が身につくようになるにか、
なんとなく関連性がある気がする。


2015年06月23日

社長との面談。
僕の勤務先は離職率が凄まじいので、原因を探るのが目的とのことたが…

管理の役職を目指す気はないのかと聞かれ、なっても給料跳ね上がんないからあまり管理の役職は目指したくないと僕は答える。
しかし、それでいいのかと言われる。
だって、あまりやりがいのある仕事じゃないですし…
日本を守ったり救ったりするような仕事でなく、また仕事に面白みも感じられず、仕事を覚えていくことにカタルシスを感じず、そもそも駆逐されるかも知れない業種なんで…
もっと向上心を持てと言われる。うーん、鬼の如く仕事に躍起になったとこで報われるのは僕じゃないしね…
面談の前に書かされたアンケートに書いた暇なとき少しは座学での講習で技術を身につけさせたらと言う僕の質問に対し、それはアルバイトのレベルだと言われる。はぁ?
しばらく会話ののち僕がまあ、仕事を覚えるぞと躍起にならなくても忙しい中で少しでも仕事を捌くために閃くこともあるんじゃないっすかと答える。
それだ!となる社長。
うーん。

なんかこいつワタミ臭ぇ。

前にナンバーワンのサービスをしているホテルではマニュアルぎちぎちじゃなく社長が朝電話で社員に頑張っているかと言うだけとかほざいてたし…
こいつ、何も言わなくてもバリバリ働き、圧倒的な量の仕事を押し付けても文句一つ言わず解決してくれる都合のいい社員が欲しいだけだろ。
それがどこの社長も求める最高の社員だろうけど、それはただの仕事マシーンだ。
ただ、仕事マシーンに成り下がるつもりは毛頭ないけど仕事は最低限やってあとは引きこもりは不味すぎるし…
クラブでのダンスやナンパで新しいやりかたを見出す為に、
いろいろ調べて、技を盗んで、不意に閃いて…
その結果ウケがいいと嬉しいから…

君の言う向上心はクラブで活かすことにするよ。

仕事は…工場仕事は基本動作を守らないとロクなことがないから不安全行動はせず怪我をしない、不良品をさないくらいの気持ちでやることにしよう。
もっといい反応を得るためにこれからもいろいろ試さねば。
仕事よりもクラブでなぁ!



2015年06月10日

3月頃、高校のときの後輩Iに
I「飲みに行きましょう」
といわれたのでK駅前の土間土間に飲みにいった。
とりあえず、飲み放題を2人分頼む。
初手はとりあえずビールと僕が言うがIはオレンジジュースを頼む。
とりあえずビールだろと思いつつ、ビールとオレンジジュースが来たので乾杯。
一口飲んでからIが、
I「あの店員さんめっちゃ可愛い!!」
というので店員さんを見ると、確かに綺麗な人だった。
名札をみるとOとあった。
それからはOさんのことばっかり話すI。もうずっとOさん最高という調子だった。
うるさいなと思いつつビールを飲み干し次の酒を頼む。
ジントニックと…
飲み放題なら、スピリッツをストレートで頼むのもありじゃねと思い…

ジ ン ト ニ ッ ク の ト ニ ッ ク 抜 き

を注文。
そして運ばれるジントニックと…

コ ッ プ 満 タ ン の 1 0 0 % ジ ン

しかし自分で決めた道、逃げるわけにはいかない。
僕は覚悟を決めた。
正直ショットグラスで来ると思ってたよ…
やっちゃたものはしょうがないので100%ジンを飲み進める。
こんな辛かったけ…
アルコールの回る僕に、Iが店員Oに彼氏がいるかどうか聞けとほざく。
ちなみにIは酒を一滴も飲まずシラフ、調子に乗りやがって!
でもへべれけの僕はそれに応じる。
僕「あ、あのすみません、彼氏さん…いますか!?」
O「はい、います」
僕が奮戦するとさらにIは僕のかっこよさを聞けとほざく。
地蔵の心で僕はそれに応じる。
僕「ぼ、僕のかっこよさ…どうでしょう。」
O「かっこいいと…思います。」
僕「すいませんね、こんな爺相手に無理言わせて。」
O「そんな、爺じゃないですよ!おいくつですか?」
僕「22です。」
そういったやり取りの後、Iから22が爺なら21のOさんにもかなりとばっちりが行くだろとのお叱り。
   そうか!!
とりあえず自分を卑下すればいいものではないと気づく僕。
その卑下が、相手自身にもダメージを与えるときもある。
携帯をいじりだすI。
無礼者!とたしなめる僕。
彼女からのメールだ、しょうがない!とI。
こういうことは本来は言うべきではないのだけど、Iはそれはそれは醜い百貫デブ。
なるほど、あんなデブでもノりの良さと人の心をしっかりと心得てることで彼女ができるわけか…
酒と料理を散々食い荒らし解散。
お会計16000円になります。
僕の奢りだったので一気に酔いが醒めた。
今度は飲みといってIをクラブに連行したい。

買い物に出陣。
まずは10時頃某デパートの香水売り場を見て回りドルチェ&ガッバーナのライトブルーを右の手首にワンプッシュ着けてもらう、
その後、左の手首に右の手首を軽く叩きつける。
30分位すると、あれ!?つけすぎたという位香る。
たったワンプッシュですよね!?と思った。
香水はライオンハートとロートダイヤモンドしかつけたことがないのでなかなかの衝撃。
やはり外国のブランドは香りが強いのだろうか。
ただ12時半にスタバで昼飯をする頃にはだいぶ落ち着く。
やはりクラブで香水を着けるなら着け足しが必須なのだろうか。
また、ヒジの裏に香水をつけるのもいいと言われた。
ただ、タバコと香水が混ざった独特の香りがクラブでは立ち込めているからお守り程度につけるくらいでいいのか?
そのデパートではただのボンベイサファイヤが3200円で売られていた。
僕は3度見した。
普通の店なら2本買えるだろ…
さらにドルチェ&ガッバーナのライトブルーの100mmもそのデパートは11
000円位だけどAmazonなら5500円位。
こっちは送料とかの問題があるけどこれも2本買えるよ!?
ちょっとそこのところどうなのさ?