2015年07月07日

吉原失態編・その2。
前回の第1遊 吉原への出師の表にて吉原への覚悟を決めた草太郎だが…
待ち合わせ場所にて送迎車を待つ。
指定された車が来たので覚悟を決める。送迎車にはもう1人乗って来て意外な気分。貴方もですか…今日は頑張りましょう!と心の中で思いつつ、無言でお風呂に向かう。
合羽橋の七夕飾りのされた道を抜け、目的地到着。
道玄坂と違いギラギラした感じはあまりなくモダンな感じ。そして待合室に。煙草がフリーで吸える感じだったけど息が臭くなるだろうからやめとく。
そしてクイーンとの謁見。写真よりギャルな印象。そして浴室に。簡単に自己紹介をしてからキス。うう、凄い!溶かされそうだ!キスすら初の僕は圧倒される。実はキスすら初で、いろいろ教えて貰いに来ました!と告げる。
今日は頑張りましょう!と答えてくれるクイーン。キャストオフしていく僕とクイーン。クイーンよりいい香りします、洗って来たのですね!とお褒めの言葉を頂く。まあ、童貞なりに身だしなみには出来ることはやりましたので…
そしてベッドイン!近藤夢着けますよねと確認。もちろん、着けないとやれません!とクイーンは答える。
硬度を増した如意棒に近藤夢を着けてもらう。意外と着けた感触はない。
さあ、これからが醍醐味だ!となるものの緊張のあまり身構え、如意棒を爆裂させれず。
クイーンに体に力入れすぎ!とお叱りを。上下を入れ替えたらやりやすいかと思うものの、体制が辛い…
如意棒を爆裂させれず入浴の時間が半分を切り、気分転換にドリンクを飲むことに。
ウイスキーがあるので僕はウイスキーを頼む。酒は如意棒の爆裂を阻害すると聞いているけど、酒が突破口を開けると思ったので… クイーンにも酒いっちゃうの!?と注意を受ける。
そして浴槽に入り豪快にザッバーンとやる。洗ってもらい再びベッドイン、如意棒を扱ってもらう。ここで僕はセルフで如意棒を爆裂させるときの動作を思い出す。それを意識してやら硬度を増す如意棒。これなら行けるか!と思うものの、後一歩踏み出せずタイムアップ。
クイーンに女の子にビビりすぎ、キスで悶えて…とお叱りを受ける。行為をとにかくすると言うよりは行為を覚えると言う気持ちで乗り込んだ草太郎。クイーンによると行為は好きな人と全力でするものだとのこと。僕はやたら雑念が頭をよぎっていた。
てんで、実力不足だな…
まずはキスとか手を繋ぐとかそこからだよ、肌も綺麗で性格もいいのに勿体無い…とのアドバイスをクイーンより賜る。しかし、好きな人をメチャメチャにするのっていいことなのかな…
それとも…

鬼になる必要があるのだろうか?

とりあえず今日ちょっと女の子の来るとこに行きますとクイーンに告げ失意の中吉原から撤退。
お金と経験が貯まったらリターンマッチしたい。
自分のちっぽけさを痛感。乗り越えなくてはならない壁が多い…
帰りの送迎車は僕の貸し切りだったので不発に終わったことを運転手に愚痴る。
上野駅に到着、銀座線で渋谷を目指す。クラバーとして当然だろう。
六本木「日比谷線なら僕も一本で行けるよ!」
銀座「銀座線ならワシのほうが近いぞ」
表参道・青山「私達を忘れないで!」
山手線「渋谷には俺でも一本で行けるし、銀座も少し歩くけど有楽町駅を使えば…ッ!」
他にも文句のある方がいるかもしれん。
そして渋谷にて…第16夜 とまどいに続く。

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字