2015年07月05日

吉原失態編・その1。
とある行為…
それは好きな相手同士で行うのが最良とされる。
お金を払ってまでやるべきではないとされる。
初めてなならなおさらである。
しかし初めてというのは人によって様々なのは当たり前なのではないのだろうか。
好きな人同士で行えてもお互い経験がなくグダグダになったり、お金を払って達人にやってもらいその絶技に圧倒されたり、遊びやネタでやってしまったり、酒の勢いでやったり、口車に乗せたり乗せられたりしてやったり、未来のためにやったり、はたまた相手の動きを封じて相手の意思を無視してやったりなど…
最後のは犯罪であり許される行為ではないのだが、
みんな違ってみんな良いではないか。
とある行為を一度も行ったことがない場合、男女で呼び方が違うけど称号を得ることができる。
その称号は男の場合基本的に蔑称とされる。
女の子の場合は逆で基本的に名誉とされる。
草太郎はその称号を持っている。
その称号を捨てることで男としてレベルアップし、見えてくるものも変わるはず…
と、いうわけで…


そうだ、吉原、行こう。


僕は吉原のお風呂にアポをとった。
お風呂のホームページでこのお方は凄過ぎる…まさにクイーンだ…と感動した方を指名。
希望の時間帯で無事OKを貰う。
送迎の待ち合わせ場所と時間を確認。
総額も確認。
さあヤルしかなくなったぞ。
でも称号を持っていることを伝え忘れたのと、出陣のときの注意点を聞きそびれてしまった。
とりあえず…爪は切っておくか。
そして吉原へ向かうが…第2遊 草太郎、吉原にて不発に終わるに続く。



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字