2015年06月05日

GW3連戦2戦目はキャメロットに出陣。今回はGIRLS UP MONDAYのイベントで女性は入場無料。DJ KAORIが来る。
とりあえず奢りから始めようと1人で動く女の子を捜索。
発見したところでいきなり奢りを提案。
僕「一杯どうですか?」
女の子はとりあえず貰っておこうかぐらいのノりで対応。
バーでドリンクを購入、ドリンクを貰って乾杯。
乾杯して少ししたら離脱されたけど…
でも、女の子に全く罪はない。
僕はたた奢るといっただけで、奢るから星光させろとか言ってないので。
もう少し僕の方で奢り方を考える必要はあるけど。
DJ KAORIが回すのは、前にアゲハで見たときは面白かったけど今回は並に感じられた。といってもDJの良し悪しはわからないけど…
しばらくするとチャラ男と女の子2人を見かける。
なんかチャラ男が強引に女の子にキスしたり女の子を話さなかったり。
やめなよーという感じの視線をを送っていると、
チャラ男が僕に睨みを利かす。
やだー怖-いと茶化しつつ、酒飲め、そして潰れろ!と思い奢りを提案。
指定されるウオッカレットブル。
バーに行き注文。
一杯千円也。
女の子2人+チャラ男=¥3000。
これは痛い…
それと自分用とチャラ男にサービスでイェーガーを2杯。
5杯も持つと両手がロックされレットブルの余りまで持てなくなり近くの人に譲る。
そして振舞う。
とりあえず自分のイェーガーを一揆。
もう1杯のイェーガーをチャラ男にすすめる。
ささ、遠慮せず飲みなさいよ!?
でもなんかこれも僕が飲むことになりまた一揆。
女の子2人はウオッカレットブルを少し飲めず、残りを僕が一揆。
なんで奢るはずが僕の一揆祭になるのさ!
女の子2人が少し褒めてくれたから少しよかったの、かな。
その後はとりあえず踊ったり。
踊ってからバー周辺に移動すると件のチャラ男が声をかける。
チ「喉渇いた」
僕「ほう、何が飲みたい。」
チ「マリブコーラ、仲間の分も入れて3杯」
オーダーを受け買いに行く僕。
本当に、何やってんの僕!
飲んでから一息ついてうまかったでも聞いとく。
僕「どうだね、うまいかね。」
チ「おう!!」
僕「まあ、ドン・キホーテで元を買って手作りすれば4倍は作れるけど…ここで飲むうまさはpricelessだ!!」
チ「ういー!」
チ「ところで、兄さん何者?その髑髏のカットソー、やばい人!?」
う、嬉しいこと言ってくれるじゃないの!!
それじゃ、とことんよ…あっ、もう喜ばせたか。
実は着てたカットソーはものすごく気に入っていて、それをこんな形で言われるなんて!!
でも僕は健全DT。
僕「健全、健全、健全すぎてDTだよ。」
チ「あの2人いっちゃいなよ。いけるいける!」
その後彼は名前を教えてくれくれたけど、忘れてしまった…
閉店後、彼が1人で帰るのを発見。
ああ、貴方もテイクアウト出来ませんでしたか…
そう思いつつ、帰宅。

前・
次・

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字