2015年06月05日

キャメロットに出陣。
キャメロットに向かう前に男に道を聞かれる。
男「すいません、キャメロットへの道はどう行くのですか?」
1回行ったけどちゃんと道案内できるかな…と思いつつ道案内。
キャメロットに着くまでに自己紹介。
彼は沖縄から来た模様。
ずいぶん頑張るなーと思いつつキャメロットの看板を発見。
安心しつつ入店。彼はDJのゲストで来たので割引されるみたいでそれを僕も対象にしてくれるみたいだったけど店員さんがこの人誰だっけとなり入場にままごつく。とりあえず僕は先に入店することに。
ダンスフロアで腕を組んで8の字で踊る2人組がいたのでそれを真似る。
10分で8の字で踊るのをやめて普通に手を振ってると、
8の字で踊る2人組の1人に
8「8の字!」
お叱りを受けまた8の字で踊るのを再開。
その後しばらくして道案内をした男と再会。
僕「無事に入れましたか。」
男「ようやく。お酒は入ってますか。」
僕「まだです。今入れましょうか。」
ショットガンを2杯購入し乾杯。
ダンスフロアに再び向かう。
道案内をした男はコップを投げ捨てる。
おいおい…と思い僕はコップをポケットにねじ込む。
しばらく踊ってから道案内をした男が言う。
男「ナンパはしてるかーー!!」
いや、まだだけど…そもそもナンパしていいのかな…
そう考えていると、いきなり女の子の腰に手を当てたり、キス!!をする男画目に入る。
大胆な!!でも、僕もやるべきか…
でも怖ぇぇとなって手が出せず、とりあえず周りにあわせて手を振っていた。
女の子に声をかけようとも思えず。
このように、ナンパ活動をせずとりあえず手を振ってジャンプする状態のことに対してウサギという蔑称があるのだとか。
僕は完全にウサギになっていた!!
ウサギ人生を満喫し4時くらいに撤退。
帰り際にまた来てねイベント案内をもらう。
………そういえばいきなりのボディタッチって、99%女の子は嫌がるみたいですね。
起点はまず顔を見て声かけして会話から、見たいですね…
むしろ、変な癖がつかなくてよかったの、かな。

前・
次・

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字